健康こよみ予報 立夏 「竹筍出🍀」(たけのこしょうず)


「竹筍出」(たけのこしょうず)5/16〜20

img_2785-3.jpg

5/15以降に「たけのこ」の話題は、市場の野菜の売り場の様子を見ていると旬にズレているのではないか?と思われる方もいると存じますが、じつは。

ワタクシ達が春の味覚としているタケノコは、「孟宗竹」というちゅうごくからの外来種でありました。 日本原産の「真竹」の収穫時期は5月から6月にかけてだそうです。 72候の季節とちょうど合わさりますね。

「たけのこ」大地に根を張るということで、今回は足についての健康法です❗️

ウォーキング集計🌱】

4月度も1日平均1万歩を達成して良かったです。

 

数値にするとわかりやすくて計測が安易になります。

歩いて健康を稼ぎましょう♪

オススメ万歩計アプリです⬇︎

iphoneアプリ walker  

ランニングニーについて🌱】

ランナーニーというランニングをする方、特有のヒザからももの外側にかけての痛みをいいます。曲げた状態から伸ばす時に痛みを強く感じます。 日本語でいう「腸脛靭帯炎」というものです。  腸脛靭帯と大腿骨の外側が頻繁にこすれて摩擦が生まれて炎症が起こるため痛みを感じます。 

IMG_2790

【チェック】そこでまず、見る所は足がひどいO脚かどうか? 足の裏の外側ばかりを使っていないか? もしくは、骨盤のズレはどうか? です。 あと、シューズのサイズがあったものを履いているかです。

【A】湿布やアイシングで炎症を抑えるということもありますが、過度の使い過ぎで炎症が起こっていますので、安静にして休むというのが一番効果が見込めます。 ランニング前のストレッチ、ランニング後のクールダウンは準備という意味合いで しっかりされた方がいいです。 そして、お風呂の入り ふとんでゆっくり寝る。 この基本がカラダの再生能力を発揮させます。 運動も大事ですが、カラダを休ませるというのもトレーニングです♪          

足裏にできる、タコについて🌱】

ワタクシの考えではタコは小まめに削った方がいいと考えます。

なぜなら、日常生活でのカラダの動作やクセが、左右の足裏に同じ形状の大きさのものが出来ることは稀であると思います。

硬直したタコから腰痛を発症する例は多大にあります。

タコは削るべきなのかどうか、この問題を考える目安として、医師のPaul C. Kupcha氏のインタビュー記事を読み解いていきましょう。

Kupcha氏によると、タコを削り取ることで体に深刻なダメージが生じる可能性は低いそうです。削りすぎてしまったとしても、短期間でまたタコが形成されるはずだからです。Kupcha氏はむしろ逆のケースを問題視しています。

「厚くなりすぎるまで放置して、圧迫しつづける場合です。

タコ(角質化した上皮細胞)は石のように硬くなります。そうなったら、足や手に小石を貼りつけたまま生活するようなものです」。 というわけで、お手入れの際には、刺激からの保護に必要な程度にはタコを残しつつ、それ自体が問題になってしまわないくらいには薄くするというバランスをとることが必要です。

タコの厚みのコントロールに失敗すると、例えば以下のような事態が起こることがあります。 足の裏と姿勢というのは、切っても切れない関係です。 人間は二足歩行の動物です。 足の裏で地球を蹴っているのですから、顔のお肌がツルツルと同じくらいに 足の裏をツルツルにしておくことが良い姿勢を保つ秘訣になります。 施術をしていて、ほぼ98%足が痛い、ヒザが痛いとおっしゃる足の方にタコやマメがあります。

【使用方法!】 A,お風呂に入り、足の皮を柔らかくしてから軽石で固まった角質をこすり落としてください。 (根深いところは落ちづらいので丹念にこすりましょう。しかし、こすり過ぎに注意してください。こすり過ぎない程度)

B,お風呂から上がりましたら、足裏に丹念にマッサージオイルを塗ります。

C,このまま歩いたり、ベットの入ったりしたら周りがベトベトになりますので、使い古しの靴下を履き、オイルを足に 馴染ませてください。 (オイルを塗ったまま歩き回ると転倒の可能もあります。ご注意を)

《参考》 アスリートなら知っている「タコ」についての基礎知識 ライフハッカー[日本版]

販売サイト BASE】 今後よつ葉堂のサイトから「専用軽石」や「青竹踏み」の販売を予定しております。

index

旬のフルーツ☆

13262497_946302362135808_508148659_o

「ルッコラ」 ピザやパスタなどイタリア料理でおなじみの野菜、ルッコラ。

地中海沿岸原産の野菜でハーブの一種です。ゴマに似た香りとピリッとした辛味を持ち、とても柔らかく、鮮やかな緑が食欲をそそります。

ヨーロッパでは種子から油をとるために古代ギリシャ時代から栽培されていました。日本では1990年代にイタリア料理のブームとともに広がりました。 カロテン、ビタミンC、鉄分など栄養素が豊富な緑黄色野菜。トマトや生ハムなどと組み合わせで定番のサラダに!お肉の付け合わせや、さっと加熱して、お浸しや炒め物もオススメです。旬は地中海沿岸の気候に近い、春と秋が旬。

ご夕食にいかがでしょうか☆

byフルーツマジシャン☆サホ

IMG_2555

 *ゆらぎ予防整体「よつ葉堂」橋本博人 目黒線不動前駅、かむろ坂上「よつ葉堂」http://yotsuba-do.com/ 営業時間10:00〜21:00(最終受付19:30) 定休日 毎週木曜日

🍀 スケジュールはブログ内下部のグーグルカレンダーをご覧ください♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加