【健康こよみ予報🍀 立冬 地始凍(地、始めて、凍る)11/13~17】


【地始凍(地、始めて、凍る)】

立冬(11/8~22)過ぎましたから暦の上では冬なんですよ〜
先週から鬼寒い状態が続いてますね。

朝起きた時に外の空気のピンと張り詰めた感じが、今回の72候の「地始凍」に相当します。
外に出るにも嫌な寒さです。ですが冬眠する動物じゃあるまいし、現代社会に参加している我々は外に出て活動しなくてはなりません。

温める様々な方法♻︎

衣食住の衣“としては段階的に着るものを冬仕様に変更して行きましょう♪

《靴下2枚履き》足元は冷えます。登山用の靴下など様々なモノを試しましたが、ショートソックス+厚手の靴下の2枚履きが今の所ベストです。
(靴下5枚とか履きませんからね、足からデトックスできるとか思っていませんからw)

カラダを動かす作業的にもクッションの役割りを果たして、動きやすいです。

《ズボン下》もうこれ冬に無いと死にます(*_*)

防寒とは別に、ズボンの下に一枚布があることで身体負担が軽減されます。

本日から導入!!
《ハラマキ》これも冬支度の基本です。

“衣食住の住”
湯船に浸かり、温める♪

参考 「働く人のための最強の休息法」猪俣 武範著

シャワーではなく、温浴がいい理由→体内の蓄積された疲労物質の排出

                →免疫力の鍵を握る血中NK細胞を活性化、修復を高める。

HSP(ヒートショックプロテイン)とは傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質。
HSPが最も増えるのが41度、41度の湯に10分浸かり体温を1度上昇させることで免疫力が高まる。

*湯船に浸かる3つの理由

❶ 温熱作用→血管を拡張することで疲労が回復する

❷ 浮力作用→浮力で筋力が弛緩しカラダ全体の負担が減る

❸ 静水圧作用→溜まっていた下半身の血流が水圧により押されて、循環する。同時にカラダの不純物が流されて濾過される。

リメディアルセラピーにも同等の効果以上のものがあります。

ぜひご活用ください♪

*ゆらぎ予防整体「よつ葉堂」橋本博人 目黒線不動前駅、かむろ坂上「よつ葉堂」

http://yotsuba-do.com/

メール hashio31@gmail.com

電話 080-4349-8558

営業時間10:00〜21:00(最終受付19:30) 定休日 毎週木曜日

🍀 スケジュールはブログ内下部のグーグルカレンダーをご覧ください♪

ゆらぎ予防整体 よつ葉堂 橋本博人


  • このエントリーをはてなブックマークに追加